えびのらくがき

とある理系会社員の気晴らし備忘録

2018-04-08から1日間の記事一覧

穴(小山田浩子)読んでみた。

個人的には好きな作品でした。 仕事を辞めて夫の実家の隣に引っ越し、周辺のユニークな人物達と触れ合う中で広島の田舎町にお嫁さんが馴染んでゆくという話。 細かい風景描写で田舎の夏の雰囲気が伝わり、穴、黒い獣、ニートの義兄といった不思議な存在が不…

ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)読んでみた。

過去と未来がつながって、手紙のやり取りをするという東野圭吾らしいSF設定が良かった。 個人的にはつながった理由や仕組みに関する説明が欲しいなと思ったが、おそらく感動要素を大きくしたかった為に、そういったごちゃごちゃした理系的説明は避けたのだと…

サイコロジカル(西尾維新)読んでみた。

戯言遣い4作目。 玖渚友の昔の仲間、兎吊木垓輔が惨殺される話。 結果、 兎吊木は死んでおらず、研究所の他メンバーを自分と見せかけて殺し、 マッドデモン斜道卿壱郎とのしがらみから抜け出すという結末。 雑感 話が長え。。。上下合わせて何ページあるの…

アイネクライネナハトムジーク(伊坂幸太郎)読んでみた。

アイネクライネナハトムジークとはドイツ語で、小さな夜の曲という意味で、 モーツァルト作の古典楽曲のタイトルである。 (YOUTUBE: www.youtube.com ) 伊坂幸太郎の心温まる短編小説集であり、それぞれの話で主人公は異なるが、舞台となる街は同一であり…

星の王子様(サンテクジュペリ)読んでみた。

子供の頃によく遊びに行っていた叔母の部屋の本棚にあったのを覚えていて、 その時、大人になってから読むと良い、と言われたような記憶があり気になって古本屋で購入し読んでみました。 感想 星の王子様のピュアで真っ直ぐな言動に心打たれました。 大人に…