えびのらくがき

とある理系会社員の気晴らし備忘録

クビシメロマンチスト(西尾維新)読んでみた。

f:id:ebikazuki:20180204221307p:plain

さすが西尾維新

戯言シリーズ二作目。一作目に引き続きなんともバイオレンスでトリッキーなタイトル。ですが、中身はさすが西尾維新というべきか、人としての生き方を考えさせられる興味深いものであると同時に、闇が深くちょっと怖い作品だと感じました。個人的には純粋にミステリー小説としてストーリーを楽しめる内容で、最後の最後にそうだったのかー!と一作目同様、心地の良い裏切りを受ける形となりました。

 

サスペンスか?

サブタイトルの『人間失格・零崎人識』と表紙めくって一ページ目、零崎のイラストから察するに、この物語はサスペンスで犯人は零崎なのだろうと思いましたがそうではありませんでした(この先ネタバレ注意)。京都で零崎による無差別の連続通り魔殺人事件が起こる中、それとは全く別の事件として、ぼくの通う鹿鳴館大学のクラスメートが次々に殺される。そして犯人をいっくんが追う。まあ結果として最初からいっくんには犯人の目星がついていたのだけれど。

 

 

また騙された

まさか、犯人が巫女子だったとは!

正直、物語の序盤に智恵が殺された後の巫女子のどうも不自然な感じからして、ああ犯人くさいなと勘付いてはいましたが、巫女子も死んでしまって、あれ?という印象でした。自殺の線もあるかもと一瞬頭をよぎりましたが、作中でいっくんが巫女子の死体を発見した時に『殺されている』との明言があったので、いや自殺は違うかーと思い直しその先は読者としての推理を放棄しひたすら読み進めました。くそー西尾維新!騙された!くやしい!笑。また死人が犯人パターンかよお。

 

本作はストーリーの結末を知っていないと、不自然と感じる言動や行動が多く(特にいっくんと巫女子の会話)、読み終わってああそういうことだったかーと納得する伏線が多い小説でした。最初から読み直すとまた違った意味で楽しめるだろうなと思います。

 

闇が深いわ

世界全体を敵(敵と言うのはちょっとニュアンスが違うかも)とみなし無差別に殺人を続ける『零崎』。個人的な事情で殺人を犯し、自殺してしまった『巫女子』。巫女子をを助けるために友人を殺した『むいみ』。全員殺人犯としては同じですが、それぞれの動機や、『殺人を犯す』という結果に至ってしまう原因である彼らの生き方が全く違っており、人間の醜い部分がいろんな形で表現されていると感じました。ただそれらの一部は殺人という行動には発展しないまでも、多かれ少なかれ平穏に日常生活を送っているように見える大多数の一般人にも共通する部分があるのではないかと思います。私の場合、一作目から感じてはいたのですが、零崎やいっくんのような生き方に共感する部分があります。人間に興味が無いと自覚していながらも、人間に関わろうとする彼らの矛盾。うまく説明できないですが、孤独では生きていけない人間の本質のようなものが自分にも重なる部分があり、何か切ない気持ちになりました。こういう人間の心の繊細なところを表現できる西尾維新はやはり天才で、やっぱり彼も人間なんだなと思いました。

 

『X/Y』の暗号は友の『筆記体』『鏡に写して回転』というヒントを得ても解読できませんでした。またもや悔しい!笑

あとで調べてわかったのですが、あれは巫女子の誕生日4/20を表しているようです。たしかに言われればわかるけど、、、ちょっとこれはムズくないか?

 

 

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)