えびのらくがき

とある理系会社員の気晴らし備忘録

伊豆踊り子、読んでみた。

f:id:ebikazuki:20180124223057j:plain

 川端康成とはどういう作家なのかが気になり、読んでみました。

 

あらすじ

読む前は、伊豆への旅行先で出会った踊り子に恋をする話かと思いましたが、伊豆への旅行先で出会った踊り子に恋をする話でした。

 

感想

第一印象、半端なく読みづらい。泣

熟語や言い回しがわからん過ぎる。泣

とは言えその古さからくる文体自体の難解さが自分にとっては逆に新鮮で興味深く面白かった。『活動』が映画を観に行くことだなんて平成生まれにはわからんです。

 

そんなことに気を取られ、作品をしっかりと味わうことができませんでしたが、多分、主人公の心の動きが上手く表現されている作品なのだと思います。

 

伊豆の踊子 (新潮文庫)

伊豆の踊子 (新潮文庫)