えびのらくがき

とある理系会社員の気晴らし備忘録

クビキリサイクル(西尾維新)読んでみた。

f:id:ebikazuki:20180124235600j:plain

西尾維新に興味を持ったのは、アニメ版化物語にハマったことがきっかけでした。

そして彼のルーツを知りたくなり、デビュー作であるこの『クビキリサイクル』を手に取りました。

 

あらすじ

財閥令嬢赤神イリアによって、様々の分野の天才が絶海の孤島に集められた。

生活を共にする中で、密室殺人事件が発生。

エンジニアの天才『玖渚友』と彼女の連れ添いである戯言遣いいーちゃん』のコンビによって事件は解決へ向かう。

 

感想

推理小説を読んだのは久々?(読んだ記憶が無い)でしたが、段々真相に近づいていくドキドキ感や、最後に伏線が一気に回収される爽快感がたまらない作品でした。

殺人トリックが説明された後、最後の最後に、タイトルの『クビキリサイクル』の意味が『首切り』の『リサイクル』であることに気づき、なぜもっと早く気づかなかったかと思う悔しい気分と、そういうことだったのか!というスッキリした気分を足して2で割らないような胸いっぱいの気分になりました。

 

加えて、友が可愛い。

西尾維新ならではの萌え要素に中毒性があり、早く続編を読みたいという気持ちにさせられます。

 

 

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)