えびのらくがき

とある理系会社員の気晴らし備忘録

99%の誘拐(岡嶋二人)読んでみた。

感想

うーん。

途中まで面白かったけど、なんだか腑に落ちない。

人には薦めたくない。

 

あらすじ

慎吾は幼少期に誘拐あう。犯人は特定されず、莫大な企業資金のみが奪われついには時効を迎える。

犯人は電子部品のベンチャー社長であった父の仕事仲間のであることを慎吾は察していた。

大人になった慎吾は、犯人への復讐を計画する。

得意のコンピュータ技術を駆使して、完全犯罪の誘拐を実行する。

 

読みやすい、だけ。

ストーリーが理解しやすく、最新技術を駆使して復讐に成功するというハラハラ・ワクワク感がある万人受けする作品だと感じた。

だが、読み終わって面白かったという余韻は残らない。一番の原因は、最後までストーリーが淡々と進んでしまって、ストーリーの裏切りや味のある伏線が無かったことであると思う。

例えば、犯人だと思っていた人物は事件に関わっておらず復讐先を誤っていた、などのストーリーの裏切りを期待したが、ただただ復讐をして終わった。

しかもその復讐がぬるい。

犯人の現在務める会社の社長の息子を誘拐するという間接的なもの。

読書嫌いにはウケるが、読書好きにはウケない作品だと感じた。

99%の誘拐 (講談社文庫)

99%の誘拐 (講談社文庫)