えびのらくがき

とある理系会社員の気晴らし備忘録

ボッコちゃん、これからの出来事(星新一)読んでみた。

きっかけ

星新一賞というショートショート作品の公募にエントリーしてみようと思ったのがきっかけで、『ボッコちゃん』、『これからの出来事』の2冊を購入してみました。

まずは星新一がどのような作家かを知ることが大事だろうという考えです。

 

雑感

一話数ページで完結するSF寄りの短編集で、お昼休憩でのちょっとした読書にちょうど良いこともあり、すっかりハマりました。

 

印象としては、世にも奇妙な物語でこんな話ありそう。という感じでした。調べてみると実際に使われた話もあるそうで、『おーい、でてこーい』などは映像化されているようです。

 

自分が好きな話は『これからの出来事』(これからの出来事に収録)

医療技術が発達して、脳みそだけでも生命を維持できるようになっているという話です。

 

肝心の星新一賞には、構想を練って執筆し始めたものの完成せず、2017年度分にはエントリーできませんでした。来年こそは完成させたい!!

 

とか言いつつまた出せなさそう。。。

で、いつからエントリー始まるんだろ??

 

ボッコちゃん (新潮文庫)

ボッコちゃん (新潮文庫)

 

 

 

これからの出来事 (新潮文庫)

これからの出来事 (新潮文庫)