えびのらくがき

とある理系会社員の気晴らし備忘録

変身(カフカ)読んでみた。

なぜ読もうと思ったか

私はあまり海外の文学作品には手を出さないようにしています。

なぜなら”翻訳”によって間接的な表現に変換されてしまっているということが嫌だからです。

 

カフカの『変身』。ドイツ文学です。

きっかけは、私がこれまで読んできた日本の作品の随所に引用があったためです(どの作品かは忘れてしまいましたが、村上春樹とか西尾維新とかだったような。。。)。

目覚めるととんでもない変化が起こっているという比喩表現に使われることが多いように思います。

そんな引用を何度も見かけるあまり、どんな小説なのか気になって気になってなりません。とうとう、海外文学は読みたくないという自分が勝手に作った壁を超えられてしまいました。

 

雑感

1ページ目から衝撃です。朝目覚めると自分は毒虫に変わっている。

腹のかゆい部分が白い斑点で覆われていて触ると寒気がするなど、状況を想像するちょっと気持ちが悪くなるようなリアリティある表現が印象的でした。

どうやって元の姿に戻るのかな?と思いながら読み進めましたが、結局自分の部屋でそのまま死んでしまうという残念すぎる、寂しいストーリーで、読了後やるせない気分となりました。

しかしやはり様々なところで引用されるだけあって、印象深い作品でした。

 

けどやっぱりドイツ語の原作で読んでみたい。。。読めないけど。。。

 

 

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)